【コスト削減】人材育成コストを大幅に削減!保育園で 社外メンターシップ導入の経済効果

【コスト削減】人材育成コストを大幅に削減!保育園で 社外メンターシップ導入の経済効果

近年、待機児童問題が深刻化する中、保育士不足は社会問題となっています。長時間労働や低賃金といった課題に加え、近年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、保育士の負担はますます増加しています。

保育士不足の深刻化

  • 全国的に保育士が不足しており、特に都市部では深刻な状況
  • 2023年4月時点の保育士不足率は2.5%
  • 待機児童数は2023年4月時点で2万人を超える
  • 保育士不足は、保育の質の低下や、長時間労働による保育士の負担増加など、様々な問題を引き起こしている

社外メンターシップ制度:人材育成コスト削減と質の向上

従来の人材育成方法では、時間とコストがかかり、効果が限定的という課題がありました。そこで注目されているのが、社外メンターシップ制度です。

社外メンターシップ制度とは?

社外メンターシップ制度とは、保育士と外部の専門家を繋ぎ、育成を支援する制度です。外部メンターには、以下のような専門家や経験豊富な人材が選べます。

  • 経験豊富な保育士、看護師
  • 保育コンサルタント
  • 経営コンサルタント

メリット

  • 時間的・コスト的効率化: メンター育成の時間やコストの削減
  • 多様なスキル・経験の提供::保育現場では得られない幅広い専門知識や実践的な経験を身につけることができる
  • 客観的な視点と多角的な評価::第三者の視点からアドバイスや評価を受けることで、自身の課題や成長ポイントを明確にすることができる
  • モチベーション向上と帰属意識の強化::外部メンターとの信頼関係構築を通じて、モチベーション向上と企業への帰属意識強化に繋げられる
  • 人材育成コストの削減::研修費用や外部講師招聘費用を削減できる
  • 保育士のスキルアップ::質の高い保育サービス提供に繋がる
  • 離職率の低下::メンタルヘルスケア実施による離職率低下

導入のポイント

  • 目的の明確化::保育士、看護師のスキルアップ、モチベーション向上、離職率低下など、導入目的を明確にする
  • 適切なメンター選定:保育士、看護師のニーズに合った、経験豊富なメンターを選ぶ
  • 制度設計::対象者、メンターの選定方法、マッチング方法、指導内容、評価方法などを事前に明確に定義する
  • 運用方法::定期的な面談、コミュニケーションツール活用、研修・交流イベント開催、アンケート実施など

まとめ

社外メンターシップ制度は、人材不足という課題解決だけでなく、質の高い保育サービス提供、保育士の働きがい向上、ひいては待機児童問題解決にも貢献できる可能性を秘めた人材育成方法です。導入のポイントを押さえ、自園に合った制度を設計することで、効果的な運用が可能となります。

お問い合わせ

MCS(Mentorship Consulting Services)に、ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

以下のフォームに必要事項をご記入ください。 *は必須項目です。 お問い合わせ内容を確認し、担当者からご連絡差し上げます。 なお、お返事までに数日かかる場合がござい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です